読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

夜は短し歩けよ乙女 読了

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)


学生時代の甘酸っぱい思い出と、終わらない祭りのような無秩序と喧騒。それらが原色でよみがえる、ドタバタ青春恋愛小説。
すっごくワクワクして、少しキュンとなりつつも、思わず頬が緩んでしまう、そんな作品。面白い!


過剰なまでのレトリックや衒学的な表現の多用は、経験よりも知識で頭でっかちになっていた学生時代の「背伸び」した感覚を思い出させる。それが嫌みでないのは、自虐をはじめとする、作者特有の知的なユーモアのおかげだろう(相当頭いいんだろうね、この人)。また魑魅魍魎の跋扈する京都を舞台としていることも絶妙。化け物は出てこないが、それにも似たとんでもない曲者たちを次々に登場させるうえでは、この地をおいてふさわしい場所があるかどうか。


大学のサークル後輩の「黒髪の乙女」に一目惚れして以来、ずっと彼女を後ろから見守る主人公。ストーカー並に頑張って、日々彼女の視界に入らんと奮闘するも、その一途な想いが彼女に伝わっている様子はない。それもそのはず、彼女は彼女で、かわいい顔して恋愛にはとんと奥手な、ド天然。好奇心も探究心も旺盛で素直そのものの彼女は、次々に遭遇する変なキャラや快事件との戯れでもう、頭がいっぱいなのだから!


ひ弱な文系男子の理想を絵に描いたような、黒髪の乙女がたまらない。かわいいくせに酒豪で、天然。そのくせ、どこか男前。思いやりがあって優しく、感性豊か。かなりズレつつも、知的な読書少女。そりゃ、惚れるよな。


「先輩」と「黒髪の乙女」のこれからの恋の行方、応援しましょう。


これもマイミクさんのお勧め作。題名だけ頭に入れてブックファーストに行ったら、この本がずらりと、どの本よりも目立つところにお勧めとして並んでいて、ビックリした。もちろん、これも運命と速攻で買いました。