読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

RICOH GR

最近になって、写真に興味を覚えまして。GRというコンパクトカメラを、買ってしまいました。


以前より素敵な写真を見ることは好きでしたが、自身は、結構前に買った一眼レフカメラのCanon Kiss EOS X4をまったく活用することもなく、写真の基礎(露出とか絞りとかシャッタースピードとか)を学ぶこともなく、ここまで至っておりました。SNSへの投稿も、もっぱらiPhoneで撮影したものばかり。そもそも、一眼+キットレンズで撮った自分の写真が、好きになれなかった。色合い、明るさ、いずれもなんか違うなと。でもどうしていいのか、わからない。iPhoneの方がずっと、日中であれば、明るくてわかりやすい写真が撮れちゃったりする。


が、Facebookで友人たちに単焦点レンズの購入を勧められたときに何かピンと来たのですね、これだ、と。単焦点レンズをつけて色々やってみたら、写真がもう少しわかって、面白くなるんじゃないか、と。
(まぁ今にしてみれば、単焦点レンズなどなくとも学ぶことは学べるわけですが、そこはそれ、「これを買えばなんとかなるんじゃないか」的なカタチから入る典型的初心者思考がそこにあったことは否定しません)


ちなみに勧められたその日のうちにポチったレンズは、これ。


そしてこのレンズだけもって(あともちろん、カメラも)、先月、北海道一人旅へゴー。写真を撮りまくってみて、難しさと面白さとを痛感。相変わらず色合いや明るさの再現にはギャップを感じつつも、レンズが明るいためか、ずっと自分好みの絵が撮れるようになったのが、もう嬉しくて。


しかしながらネックは、やはり一眼+レンズの重さ。今後もちょっとした旅行などに一眼を持って行くことには異存ないものの、散歩やなにかでこれを持ち歩こうと思うほどには、根性がある僕ではない。そこで首をもたげる元来のガジェット好き根性。コンパクトカメラが欲しいなぁと、そういう気持ちになってきたわけです。


で、調べてみると、前から実は気になっていたRICOHのGRが、きっかけになったレンズと同じ単焦点レンズを使っているようだし、何やら世間の評判もよいらしい。折しもGR IIという新機種が出たこともあり、旧機種が安くてに入るかもしれない(と思ったが、結果的には旧モデルの値段は上がっていた)。これしかないなと。で、まぁ一週間ほど悩みつつ(そうしている間にkakaku.comでみる最安値も3,000円ほど上がってしまうという失態を犯しつつ)、ポチったわけです。


この手頃な大きさ、マットな質感が、いい。


以来、まだ一週間だけど、散歩のお供にしています。散歩中に撮った中で、割とお気に入りをいくつか。






今は持ち歩くのが楽しくてならない。買ってよかったもののひとつです。