読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

近況

etc

お久しぶり。


おそらく多くの方がそうであるように、FacebookTwitterなどに自分事を記してしまうとそれだけで軽薄な承認欲求は満たされてしまって、しちめんどくさいブログへの投稿などはどうしても足が遠のいてしまうわけだ。


僕の場合も、リフォームの経過を毎日投稿する途中で投げ出してしまって以来かれこれ2年(ちなみにリフォームそのものは成功裡に終わったし、その出来栄えにも非常に満足している)、全く更新しないにもかかわらず固定費だけは出て行く(一応有料会員なんでね)ここのブログを畳むことをなんども考えたのだけれども、問題はだ、ひとさまにはクソ面白くもないここのエントリが、僕にとってはたまに(ほんとうにごくたまに)読み返すと、猛烈な懐かしさとともに愛おしさがこみ上げる成長の記録として貴重なコンテンツであることなのだよね。
熱心に走ってたマラソン(信じられん)、未だにアクセスが絶えないアマチュア無線3級受験記(やってねぇ)、一輪車(なんだよそれ)、DB2(異動以来、もう5年以上触ってねぇ)、ダイエット(ノーコメント)、などなど。一部は黒歴史ですらあるものの、まぁ自分にだけは、そのときの気持ちが(ときに甘酸っぱく)蘇ってきて。


さてそれとは別に、仕事でも多数のプロジェクトにひたすら追われる状況が一段落した今日この頃、ちったあ将来の自分への投資としての学びを再開せねばなと思うなか、学びの経過でのちょっとしたTIPSやメモや何かを残しておくのはどこがいいのかなと思ったわけです。今は何か記録するためのクラウドベースのサービスが百花繚乱、当然僕もEvernoteDropboxなどは欠かせないサービスとなってきているわけですが、不特定多数の誰かに役に立つかもしれない情報を晒すには不適当だし、かと言って、頻繁に更新しているFacebookにおける、セグメントの違いすぎる友人たちにそんなネタを公開してもしかたないし。Twitterは字数制限が痛い。するとなんのかんの言って、ブログに戻ってきてしまうわけだ、その場が。


ただまぁ、こうして再再開を期してみても(2年前も似たようなエントリを書いてるからな)、続かない理由はわかっている。僕には、かなしいかな、そんなにブログで発信すべき情報の持ち合わせがない。世で起きていることへのコメントなどはいまや、僕にとってはニュースフィーダであるところのFacebookTwitterでのシェアやリツイートの方がずっと簡便だ。また、プライベートに過ぎる近況(旅行先からの投稿とか)のシェアは、ほぼ信用できそうなしかいないFacebookでのフレンドのみを対象としたポストの方がセキュリティ的にも安全なうえに、スマートフォンとの連携においても簡単だ。その状況でのブログへの投稿の必然性は、ゼロではないにせよ、あまりにも低くて、実際のところ継続できるかはまったくわからん。


ましてここ、はてなのブログは正直、ちょっと時代に取り残された感のあるインタフェースを維持しており、たとえばクラウドとの連携、スマートフォンとの連携などあまりにも貧弱であるように思えるわけで、ブログサイトを選ぶにしても本当にここで続けることが正解であるのかどうかについて、僕は確証を持っていない。
まぁそれでも、ここには過去の資産がある。そして行きがかり上、維持費もかけ続けている。そしてここならば、スタートアップのコストはゼロだ。どこか他のブログをこれから開設してみたとしよう、そこに待っているのは、開設の手間だけで週末が潰れ、疲れきった末に投稿しようと思っていたことはすっかり忘れて週明けの仕事を迎える自分の姿だ。


つうわけで、仕事に比較的余裕があるときだけになるかもしれないけど、ともかくも少なくとも2つ3つ、ちょっと勉強してみたことを、ここでちょっと書き留めておこうと思いますよ。
よかったら、お付き合いのほどを。