読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

実家の亀

etc


もうかれこれ25年以上、実家の裏で元気にしている亀である。


好物は、ちくわだ。というか、ちくわしか食わない。間違いなく彼の(彼女かもしれぬ)全身は、ちくわで組成されている。


弟が命名したこいつの名は「永遠の光」という。


実はもう一匹、「火事場のクソ力」という名のもっと大きいやつもいたのだが(これも弟が命名)、その名の通りに、親戚の家からクソ力を発揮して逃走してしまった。あれは僕ら一家が、海外に行っている間だった。もしかすると、僕らを追って出ていったのかもしれぬ。今もどこかの空の下で元気にしているだろうか。


火事場のクソ力はペットショップで買ったものだったが、永遠の光は、ドブで発見され、拾われた。今考えると占有離脱物横領かもしれないが、それももう、時効であろう。


こいつの物言わぬ間抜けづらと、鷹揚そのものの動きを見ていると、実に癒される。俺は何をそんなに生き急いでいるのだろうと。


そんな彼は(彼女かもしれぬ)もう、立派なわが家族の一員である。もっとも、僕がちくわをやったことは、数えるほどしかないが。


これからも元気でいてほしい。


追記:
家族と亀の記憶を交換するうち、いくつか思い出した事実がある。

  • 火事場のクソ力は、とんでもなくデカくて、顎も強かった。採ってきたザリガニなんかも、バリバリ食っていた。
  • 火事場のクソ力は、よく甲羅の上に永遠の光を乗せていた。
  • 永遠の光は、自転車に轢かれたことがある。


再追記:
永遠の光がオスなのかメスなのか、どうしたらわかるんだろう。