読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

詩的私的ジャック 読了

詩的私的ジャック (講談社文庫)

詩的私的ジャック (講談社文庫)


犀川創平と西之園萌絵のコンビによるS&Mシリーズ、四作目。


今回も密室殺人。本作の奇妙なタイトル(詩的私的ジャック)は、作中に登場する曲の題名。この曲に織り込まれた詩の内容になぞらえたような殺人の状況であったために、この曲を歌うロック歌手(萌絵と同級生)に嫌疑がかかる。が、なんと次の殺人は・・・!
今回も、創平と萌絵がこの事件の謎に挑む。


前作同様、動機にいまひとつ共感できないためもあって、全体に技巧的にすぎると感じられる。エキセントリックな人格をテーマにしているが、たとえこうした人格がリアルにあったとして、それをテーマとして取り上げることにどういう意味(面白み)があるのか、まったく理解できないというのが正直なところだ。


もうひとつ、これは森氏が意図的に描いているのであろうが、世間知らずのわがままお嬢様の萌絵がとにかく、ウザい。その天上天下唯我独尊ぶりに腹が立ちすぎて、正直、途中で読むのをやめたくなったほどだ。それでも結末を知らずには死ねぬ、との思いから頑張ってみたけど。


このシリーズの先行きに不安を感じる作品であった。でもすでにこれ以降の3作をAmazonで注文しちゃってるので、もう引き返すことはできない。


11日読了。