読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

クレィドゥ・ザ・スカイ 読了

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky (中公文庫)


スカイ・クロラ」シリーズ第5巻にして、最終巻。


時間的には第1巻「スカイ・クロラ」の直前に位置する本巻。いくつかの謎を依然残しつつも、これまで張られてきた伏線のほとんどの意味が、ここで明らかになる。


実は第一巻で示唆されていた(いや、実は明確に語られていた)戦慄すべき真実。


それは、あまりにも哀しい輪廻転生の物語。


第一巻での草薙の言葉が甦る。「さもないと、永遠に私たち、このままだよ」。今なら、それがどんな気持ちで口にされたのか、よくわかる。


これは是非とも、「スカイ・クロラ」をもう一回読み直さないと。


多少設定に無理があろうとも、寓話として身を委ねるに値するシリーズであった。しかし一番感じたのは、作者の森博嗣氏のおそらくは抱えているであろう、葛藤の深さだ。ここまでキルドレに深い共感を持って描けるなんて、吉本ばななが第2巻の解説で示唆するように、絶対普通じゃない。


これはもう、ますます映画が楽しみで、いてもたってもいられない。