読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

ダンジョン飯 2巻

漫画

 

そのクオリティの高さに度肝を抜かれた「ダンジョン飯」の2巻を読了。

 

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

 

 

これが、期待に違わぬ面白さ!まったくのファンタジーなのにものすごい親近感を覚える憎めないキャラクター群と絶妙なストーリー。なかでもとくに、これまで終始無表情でクールだったセンシがその人間味あふれる側面を見せる、本巻最後のケルビーの話が秀逸だったように思う。

 

絵の抜群な上手さ、横溢するマンガ的なユーモア、軽妙な中にも知性を感じる物語の構成、これらはダンジョン飯に限らず他の短編作品でもつくづく感じたことではあるけれども、なんでこんなにすごい才能の作家を最近まで知らずにいられたのかと、自分の不明をつくづく恥じる次第・・・と同時に、その作品にめぐりあえたことが嬉しくてならない。