読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

フルHD対応モニタ 購入

買い物

PC用のモニタを買った。



iiyamaのワイド24型、1920x1080のフルHD対応。型番は、ProLite B2409HDS。
これほどのハイスペックでありながら、26,820円の安さ。なんと、前の20インチモニタの半額!


1年半前にモニタを買い換えたばかりなのにこれを買ったのは、どうしてもブルーレイ(Blu-ray)で映画を観たかったからだ。


前のモニタにほとんど不満はなかったものの、HDCP非対応であったために、せっかく新しいPCBlu-rayディスクを取り付けたというのに、そのディスクの性能を生かした映画を観ることはできなかった。そのことはPCを買った時点で認識していたし、そのときは、まぁブルーレイを観ることはないだろう、なんてたかをくくっていたんだけれども、やはり時間の経過につれて、どうにもブルーレイの誘惑に抗することができなくなってしまって・・・


さて届いてみると、まー、とにかくデカい。

下にあるのは、ポメラの液晶。比較対象としては、どえらく不適切であることは分かってます。つか、机散らかってるな。


さっそく、PCの普段使いの画面も1920x1080に切り替えて使ってみた。ひろーい。これに慣れると、もう会社のPC環境が狭くて狭くて。
また、デジタル入力特有のくっきりした美しさは言うまでもなし。ドット抜けも見当たらず。
右下のボタンからは、いくつかプリセットされた映像設定を切り替えて使用することができる。映像設定にあるのは、インターネット、ムービー、ゲーム、などなど。普段使いには、「インターネット」設定を選んで、やや輝度を抑え気味にし、映画鑑賞などのときには「ムービー」を選んで、画面を明るくするのがよさそうだ。


またこのモニタ、裏面にスピーカーもついているのだけれども、僕はこれは使ってない。
なお、必要なすべてのケーブルが付属しているのも、今回買ったこのモデルの特徴であるようだ。最近のケーブルは高いらしいので、これは嬉しい人が多いと思う。


今のところ、大満足。いい買い物をした。