読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

海辺のカフカ 読了

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)


何がムラカミハルキをして世界的な名声を獲得させているのかを知りたくて、手に取った。もっとも、結局その答えはよくわからなかったのだけど。しかしストーリーの強さが印象的な作品で、大いに楽しませてもらった。


父を殺し、母と交わるというオイディプス王のモチーフを借りて、15歳の田村カフカの成長物語が展開される。きわめて神話的な物語で、作中ではいわば「奇跡」が何度も起きる。何が現実で何が幻かの境界も曖昧だ。にも関わらず、あくまでも日常に沿った描写を丁寧に行うことで、その違和感をごく自然に受け入れることができるスタイルになっている。


主人公をはじめとして、村上春樹作品に特徴的なやたらに饒舌で衒学的な登場人物たちには正直辟易するのだが、それを補って余りあるダイナミックな展開に、途中でやめることができなかった。


キャラクターはいずれも強烈な個性を持っているのだが、特に、自分たちが誰のために何をしているのかを分からないまま、本作の神話を成立させるための役割に(命をかけて)徹するナカタさんと、作中大きな成長を見せるホシノ青年のナイスコンビが特に魅力的だ。


読むに値する作品だと思うけど、これだけは言っておきたい。
こんな15歳がいたら、すごくやだ。