読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

UNIQLOCK

UNIQLOCK


ずいぶん以前から話題になっていたものだけれども、今日久しぶりに観てみて、このセンスに改めて脱帽した。


時計と音楽とダンスの融合。10秒に1回流れる、5秒間の動画の中で、ユニクロらしい単色のハイネックセーターを着た女の子たちが、無表情で踊りまくる。バレーにも似たその動きはときにシュールで、ときにユーモラス、そしてしなやかで、美しい。動画のバリエーションは非常に多く、中にはあやとりをやっているだけのものもあったりと、観ていて飽きない。


登場する女の子のスタイルがみんなすごくよくて、しかもかわいいのも、高ポイントだ(というか、それが一番の人気の理由じゃなかろうか)。


踊りまくる、と先に書いたが、実際には動画は、時間帯にあわせて変わる。たとえば、ごくまれに(0時からの30秒間とか)、オッサンのパントマイム動画が入ったりするし、0時過ぎると、女の子たちはゆったり一日を終える準備をし、やがて寝入ってしまったりする。このときの寝顔が、かわいいんだよね、また(笑)。


ユニクロを忘れ得ない印象を残す企業とする上で、この広告戦略は成功しているように思える。少なくとも僕に対しては、そうだ。