読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

Pelikano

このたび、Pelikan(ペリカン)の万年筆を購入しました。以前無くしたスーベレーンではありません。その10分の1の値段で買える、廉価版の万年筆です。


それがこれ、Pelikano(ペリカーノ)。2,100円。ITOYA(伊東屋)でしか扱ってないようですよ。



ブルーブラックのインクにて。ペン先は、Mのみ。



有名なペリカーノ・ジュニアよりも少しだけオトナっぽい、ステンレス製のキャップ。
ジュニア同様、これもまたスクール用万年筆であるようで、グリップに記されたマークに沿って指を添えれば、正しい万年筆の持ち方ができるようになってます。



キャップには「Pelikano」の刻印。そして(写真には写ってませんが)、キャップ頭頂部には、おなじみのペリカンのブランドマークがちゃんと印刷されてます。非常に軽く、それでいてバランス感は悪くないです。


書き始めのインクの出が悪いことがあるのが、ちょっとだけ不満であるけれども、ひとたびインクが出始めれば、なかなかに心地よい書き味です。早速、大事な手紙をこの万年筆で書いてみました。心のこもった、いい手紙になったと自画自賛。日記もここ数日はこれで書いてます。ボールペンのときと比べ、記された思いにより迫力が増すと思われるのは気のせいでしょうか(たぶんそうです)。


以前、無印良品で安い万年筆を買ってみたりしましたが、どうにも不満で使わなくなってしまったのと比べると、こちらはペリカンが作った本格派ということもあり、長く付き合っていけそうな予感があります。*1

*1:でも本当は、スーベレーンのM800も、欲しいなぁ・・・