読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

本田直之氏を見て(聴いて)きました

今日は「ファイナンシャルアカデミー スペシャルライブ in 東京」なる、大ホールでのセミナーに参加してきました。今日は離れて住む弟を誘いましたので、連れ立っての受講です。


会場は、パシフィコ横浜でした。



僕らは桜木町から会場に向かいます。



10分以上歩いてようやく着いた、パシフィコ横浜入り口。


セッションは全部で3つ。
1.平本相武氏の「ハイパワー・モチベーション ライブ」
2.大竹のり子氏の「夢をかなえる Happyライフ&マネー術」
3.泉正人氏&本田直之氏の「マネーの教養 スペシャル対談」


一番の目当ては、もちろん、最後に開催されるレバレッジ・シリーズの著者、本田直之氏を交えた対談です。
しかーし!最初の平本氏のセッションが、僕にとってはこの日、一番のインパクトを残すものでした。事前の知識無しで行った僕にとって、これは嬉しいサプライズ


そのセッションとは、平本相武氏による「ハイパワー・モチベーション」(の、さわり)。セッションは、ハイテンションそのもの。ステージは数十メートル向こうなのに、大きなパワーを感じます。一時間もの間、一切気をそらされることなく、じっと集中して聴き入ってしまいました。
テーマのひとつは、「『目標を立てる』ことの重要性をきわめて多くの人が理解していながら、なぜほとんどの人にそれができないのか、何が足りないのか。」を明らかにすること。その答えを聞いて、僕の中でストンと腑に落ちるものがありました。
いや、その答えは、僕もうすうすわかっていたはず。なのに、それをあまりに「重く」感じてしまって、ずっとあとまわしに逃げてたみたいだ。でも平本氏の言葉を聴いて、僕もやっと背中を押してもらえた心持です。今度こそ、ネクストステップを踏み出せるんじゃないかな。この一事を悟っただけでも、僕は今日この日、来てよかったと思える。
ちなみに帰宅後早速、平本氏の本も数冊、Amazonで注文してしまいました。


大竹のり子氏によるセッションは、お金に働いてもらう重要性を説いた、投資入門といったところか。僕には簡単すぎたけど、弟のような投資未体験者には、まずこういった内容から始めるのがいいと思われます。幅広い聴衆に対応するためには、こうしたセッションもあっていいのかなと。


あと個人的には、てっきり山根亜希子氏のセミナーも東京で聴けると期待していたもので、その点は残念。


そしてお待ちかね、最後の対談。
一番会場がびっくりしたのが、本田氏が(大方のイメージに反して)かくもアロハでマッチョなキャラクターだったことに対してではなかったか。僕は雑誌に小さく載っていた写真をみてある程度予想してたけど。
内容は、タイトルどおりの「マネーの教養」について。「10個のお金のKSF」がそこでは示されました。いずれもお金や投資についての基本的かつきわめて大事な姿勢。冒頭で本田氏が聴衆にもとめた「2つの約束」とともに、メンタルに効く内容でした。胸に刻み込んで、さっそく行動します。


さて、今日はひとつ大きな気づきを得られて、大満足。
なかなか変われない僕だけど、それでも本当にわずかながらも、少しずつ前進している実感はあるかな。そのせいか、長丁場だったけど疲れはほとんど感じなかった。



帰りはもう真っ暗。


実は来週もパシフィコ横浜に来る予定です。そちらも楽しみ。