読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

いまむら

つーわけで、今日は川崎に来てました。


ここの駅前ビルにラーメンSymphonyなるラーメン街があるのを発見。


早速その中のひとつ、「いまむら」を訪ねてみました。


看板


頼んだのは、こってり極太麺、750円。


まず鼻につくのは、スープの生臭い香り。不快ではないが、イヤがるお客さんもいるのでは。とはいえ、匂いというものは、食べてるうちに、すぐ慣れる。
スープは油がたっぷりなので、熱が逃げない。長いこと、熱いままだ。しかしその名に反して、ずいぶん味はアッサリしている。どこがこってり?もっとも、ガブガブ飲めてしまうのは、いいかも。ただ、味に深みが感じられないので、飽きてしまう。しかしスープの中にはかつお節やら、キャベツの切れ端やら、とにかく色々と入っていて、残すのがもったいない気を起こさせる。
麺はやや太。これも「極太」とは違う気も・・・ただ、この麺のしっかりぶりは、とても好感を持てる。味もよし。ただし、普通盛は、量がもの足りない。
たくさん入っているもやしが何しろ残念系。ゆですぎだ。ふにゃふにゃしなしな。シャッキリもやしが何より好きな僕には、これはいただけなかった。
チャーシュー、やや大きめ。備え付けのニンニクとたれを混ぜるとおいしい、と書かれていたので、そのとおりに食べた。これはいい。ただこれ、たれとニンニクのうまさな気も・・・。チャーシューそのものの旨みは、もうひとつ。


総じて、値段を考えると、やや割高感あり。全般的に、もう少し複雑な味が欲しい。ちょっと残念。