読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

Club DB2 みたびの参加

またまた、参加してきました、Club DB2ナイト・サークル。僕は3回目の参加です。


今回はかねてより要望が多かったという、運用管理が取り上げられました。具体的には、「高可用性のための運用設計」がメインテーマです。今回の講師の方は、以前ウチの会社にも来てくださったことがある、既知の方でした。お久しぶりです。ご本も書かれてます。


DB2実践運用管理ガイド (DB2 BOOKSシリーズ)


AIXを使っていないとちょっと難しいトピックもありましたが、かねてより疑問だったことも解消できて、僕にとっては大変有意義な勉強会となりました。
今回は演習に工夫がこらされていて、グループディスカッションが活発になったのもよかった!(やっぱりこういう機会にどんどん質問したり発言したりしないと、もったいないよね)


ちなみに、今回の会場となった研修室は、素晴らしい夜景が望めて、しかもゆったりと広い素敵な場所でした。毎回ここだったら、品川まで出てきた甲斐もあるというものです。


さて終了後は恒例の飲み会。実は今回は引越し準備のために遠慮するつもりでしたが、やっぱ誘惑に負けました。でも結果的に、参加してよかった。三回目ともなると、もう顔なじみになった方々も多く、いつも以上に楽しかったっす。またまた、「DB2ここだけの話」をたくさん聞けて、モチベーションもあがったしね。


毎度のことですが、これだけのクオリティの勉強会をこの頻度で開催されるIBMの方々の努力には頭が下がります。リピーターが多いように見受けられることからも、その努力は確実に実を結んでいるように思います。この調子でDB2のコミュニティも盛り上がって行きますように。


最後に。
DB2に関わってるけれども、情報が足りなくて困っちゃったりしている人って、多いと思います。そんな方には絶対に、このClub DB2ナイト・サークルをお勧めしたい。大阪から参加されてる方もいらっしゃるほどです。自分から積極的に関われば、きっと、ここで何かを得られると思いますよ!