読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

Club DB2 ナイト・サークル 行ってきました!

DB2

前回、仕事で出られなくて悔しい思いをした、DB2の勉強会に参加することができました!!!


↓これね
http://www-06.ibm.com/jp/software/data/developer/clubdb2/index.html


今回はパフォーマンス・チューニングがテーマでした。複数の事例をあげて、それに対する最初の対処を考えるという形式です。技術者のスキルと経験によって、一番差がつく部分ですよね。
分量が多いことと内容の専門性もあって、ディスカッションというよりは、ファシリテーター(というよりは講師)の方のお話を伺うことが中心でしたが、非常に有益な内容でした。実践的で、すぐにも平素のアクションに生かせそうです。
同時に、自分の勉強不足も痛感しましたが(特にディスクIO周り)、それが分かっただけでも大きな収穫です。


あと、勉強会の終わりに抽選に当たって、イイモノをもらっちゃいました。ずっと買おうと思っていながら、その値段の高さから二の足を踏んでいた本。

DB2技術全書

ツイてるなぁ。


有志参加のアフターの飲み会もありました。もちろん参加させていただきましたよ。
いつものように終電過ぎた頃からおネムになるという予想された失態を演じてしまいましたが、それでも僕は楽しませていただきました。みなさんノリがいいし、知識は豊富だし、こんなところでもなければ聞けない話を伺うこともできたし、色んな方と知り合うことができたし。


参加されたみなさま、おつかれさまでした。
また、こうした素晴らしい企画をなさったIBMの方々に感謝、感謝。DB2のコミュニティが盛り上がるよう、心から祈っていますし、自分も、一ユーザーとして何らかの形でその一翼を担えたらなって思います。


DB2に関わっていながら、DB2の話をする人が全く周りにいないという僕みたいな方々はいっぱいいると思います。そういう方々には、今持ってるスキルは関係なくまずは参加されることをお勧めしたいですね。交流を通じて何かしら得られると思いますし、もしかすると何かしらを人に与えることができるかもしれません。


次回も、都合がつけば必ずや参加したいと思います。