読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

シュルトつええ!

K-1 WORLD GP 2005をテレビ観戦。
セーム・シュルトが強いこと、強いこと!アナウンサーも言っていたが、ホント、アーツが勝ちまくっていた頃に感じた戦慄を思い起こさせる。今のシュルトには、誰を連れてきても勝てないんじゃないか?
それにしても、いよいよ大型選手のヒザの時代が来たね。K-1においては、一時期は大きくてテクの無い選手の時代が来るかと危惧されたが、結局は大きいテクニシャンが天下をつかんだ。これはまた面白くなるかもしれない。

ただ、個人的には、バンナとセフォーについては残念だった。