飲んだくれの記

方向音痴で熱しやすく冷めやすい、酒とラーメンの大好きなポンコツが綴る徒然の記。

バタンキュー

気づいたら布団の中にいた。どうやら帰るなり失神していたようだ。
おかげで前の会社の後輩の誘いも気づかぬまま。